温度化・エネルギー問題への社会科学を中心とした実証・学際的アプローチ(早稲田大学 重点研究領域)

政治経済学部の有村先生が代表の重点研究領域、「温度化・エネルギー問題への社会科学を中心とした実証・学際的アプローチ」の研究分担者をすることになりました。本研究の内容が、Waseda Onlineに一部掲載されましたのでご紹介させて頂きます。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/research/tokku_160927.html

本重点研究領域の採択に伴い、重点領域研究機構「環境経済・経営研究所」も設立され、立ちあげメンバーとなりました。これまで一人文理融合状態だったのですが、いよいよ本格的に文系の先生方とも共同研究を開始します。こうご期待。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です