090714 環境教育プログラム実施

小学4年生95名を対象に、研究室で企画した環境教育の授業をさせていただきました。
荻窪小学校は今年4月から新校舎の利用がはじまったばかりです。新校舎は巷でよく聞く?エコスクール(環境配慮型学校)、つまりは今流行りの太陽光発電、複層ガラス、外断熱などなどの設備が整った先進的な校舎で、今回高口研究室ではエコスクールの設備を環境教育で利用するとしたら具体的にはどのような授業ができるか??という趣旨で授業案を作成・実施しました。
さて、授業当日は、
小学4年生に混じって見分けのつかない卒論生↓や

教える専門家のセンスをいかんなく発揮されていた大学院生の先輩↓、

などなど研究室から先生を含め8名が出向きました。
授業案作成に携わった筆者の感想としては、小学生って元気だなー、そして1人1人に話しかけると色々質問してくれて、勉強熱心だなー。
できる限り1人の児童と1人の先生で授業ができれば環境学習の理解も深まるのでは?と考えました。
9月2日には今回の授業を踏まえて実験の授業を実施予定です。
また4年生に会えるのが楽しみです♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です