2011.10.29 東アジアにおける都市・建築の省エネルギー技術及び政策


朝の9時半からセミナーです。
住環研の中上先生と基調講演です。
中上先生のプレゼンはとはうまく役割分担ができて、組み合わせとしては相性が良いように思います。
発表は一人バイリンガル。難しいところは少し助けを借りましたが、少々疲れました。
参加者や、フィリピンやタイ、インドやインドネシアの修士学生や研究者。オーストラリアからも参加者もいます。
午後からは、アジア各国の研究者のプレゼン。
テーマが近いので、SB11よりも内容が濃いように感じます。

写真はインド・バンガロールのニコラス君。
プレゼンもなかなか上手で面白いです。
途上国(途上国いっていいのか逡巡しますが)が、削減、Cut OFFという言葉が出るのには驚きます。
More efficiency は分かりますが、削減は個別のビルの話にしても、そういう段階に来ているという証左で認識を新たにしました。