バイヨンを空から


本日の夕方にプノンペンに戻るので午前中はお休み。早起きしてアンコール・バルーンに乗って上空からアンコールとシェムリアップの観察。建築関係者は、だいたい高いところが大好きで、展望台やら超高層ビルやらがあると、まずは登って町の様子を確かめるのですが、平たいシェムリアップではバルーンがその代わり。バルーンだけなら遺跡入場のチケットも不要です。
こう見ると、バイヨンは小高い丘の上にあることが分かります。バライ(灌漑用の溜池)や寺院の堀の残土で土盛りしたのだろうか。