20121207 東京ミッドタウン見学会


学部三年生の広域環境論の一環として東京ミッドタウンを見学。
天気がよく屋上からは東京湾、富士山が見渡せます。

方や地下5階には、巨大な熱源プラント、発電機などがぎっしり。写真はそれらの交換のために設けられたピット。なにかのロケに使えそうです。この口はミッドタウンのどこかに開いています。さてどこでしょう。
一般の方が入れるきらびやかな空間の裏には、実はそれ以上のサポート空間が広がっています。建築費用に占める設備工事の割合は年々増加しているようで、大きいものでは40%を超える建物もあります。設備の規模を如何に小さくするかが建築の計画側にも求められるわけで、もはや「こういう計画になので、設備よろしく!」では、良い建築など望むべくもありません。