090306 トウキョウ建築コレクション

関東の学生が自主企画している「トウキョウ建築コレクション」の修士論文展の公開討論会に参加。50点ほどのエントリー論文から討論に相応しい論文十数点選び発表して貰い、討論するという企画。相伴したコメンテイターは、建築家の今村創平さん、東北大の小野田泰明先生、東京芸大の金田充弘先生、東海大の渡邉研司先生。計画系ではなく工学系も応募可能なのだが、今年は少なく環境系は0。来年は少し頑張って出させるようにしよう。しかし、審査する側としては若干気が楽に・・・・と思ったのだが大きな間違いだった。
討論会は、論文の作法といった些末な問題も取り上げられたが、徐々に慣れてきてそれらしい雰囲気に。他分野の論文にコメントしなければならない分、逆に難しい。論文には表現されていない、自分の立ち位置や描いている将来像など、共通の話題となりそうなことに議論を向けようとしたが、学生もシャイで思ったような熱いコメントが帰ってこずもどかしい。ぶっつけ本番も緊張感があって良いが、セッション毎に事前にテーマを絞ってその点を深めるという進め方もあり得るのかなと思う。
終了後、金田先生と食事。同い年で世代感覚が近いので楽しい。まったく同時期にアメリカに留学していたという偶然もあり、ちょっと食事の予定が随分長くなってしまう。富山での企画もされており今後が楽しみ。